労災申請に必要な資料

ymst.PNG  
労働災害に遭われた場合、休業補償給付などの労災保険の請求をする必要があります。申請にあたっては、下記の資料を揃え、労働基準監督署に提出をする必要があります。
 

1療養の給付請求書

傷病の詳細は記載されていませんが、(治療費を請求する)診断書の代わりになります。療養を受けている医療機関を通して、所轄の労働基準監督署に提出します。
 

2レセプト

療養の給付請求書に添えて、レセプト(医療報酬の明細書)を提出します。治療回数、入通院期間、治療方針がわかることが重要です。
 

3休業補償給付の請求書

労働災害による療養により働くことができず、賃金を受給できない場合に、休業補償給付の請求書を用意する必要があります。請求書に、事業主および医師の証明を受けたうえで、労働基準監督署に提出をします。
 

4休業補償給付の決定書

保険給付の申請が決定した際には、厚生労働省より、「支払決定通知」と「支払振込通知」が一体となったはがきが送られてきます。
 

5障害補償給付支給請求書

治療をしても、身体に一定の障害が残った場合には、障害補償給付支給請求書を、通院している病院の医師に作成してもらいます。この資料を基に、労働基準監督署の医師が診断をして、後遺障害等級が確定することになります。
 

 

広島の弁護士による労働災害の無料相談 ご相談予約専用ダイヤル0120-7834-09 予約受付時間   平日9時~19時   土曜日10時~17時

労働災害のご相談の流れ

1)面談の予約

まずはお電話にて、ご相談日時をご予約ください。
予約受付時間は平日9~19時、土曜日10~17時です。

2)弁護士との面談

事務所に来所いただき、弁護士がお話をお伺いします。また、実際に依頼した場合の解決方針についてご説明します。

3)示談交渉または訴訟

当事務所との間で委任契約を結んでいただいた場合、弁護士が依頼者に代わって交渉します。

4)解決

適正な賠償金を受け取り、交通事故問題から解放され、治療に専念することができます。