指の後遺障害

ymst.PNG   労働災害に関するご相談のなかには、作業中の事故により指を切断してしまった、というご相談が過去に数件寄せられています。特に、ライン工場などで作業をしているときに、トラブルでプレス機に指を挟まれてしまったという例をよく聞きます。

指の後遺障害は、大きく分けて2つの障害に分けることができます。

 欠損障害

欠損障害とは、手指そのものが切れて失ってしまうことによる障害をいいます。指を失ったと判断される基準は以下になります。

1.手指を中手骨又は基節骨で切断したものを指す。
2.親指については指節間関節、その他指の切断は近位指節間関節において、基節骨と中節骨が離断したものを指す。
3.指骨の一部を失ってしまったケースも該当する。
 
以下が、欠損障害で考えられる後遺障害等級になります。

【予想される後遺障害等級一覧】
等級 内容
 3級  両手の手指の全部を失ったもの
 6級  1手の手指5本とも失ったもの
 6級  1手の手指の親指を含む4本の手指を失ったもの
7級 1手の親指を含む3本の手指を失ったもの
7級 1手の親指以外の4本の手指を失ったもの
8級 1手の親指を含む2本の手指を失ったもの
8級 1手の親指以外の3本の手指を失ったもの
9級 1手の親指を失ったもの
9級 1手の親指以外の2本の手指を失ったもの
11級 1手の人差指、中指又は薬指を失ったもの
12級 1手の小指を失ったもの
13級 1手の親指の指骨の一部を失ったもの
14級 1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

 

 

機能障害

機能障害とは、手や指の動きが悪くなったことに関する後遺障害または欠損障害に該当しない部位を失ったことに関する後遺障害のことを指します。または、指の屈伸が出来なくなってしまった場合にも機能障害は該当します。
 
指の機能を失ったと判断される基準は以下になります。
(1)指の長さ1/2以上を失ったもの
(2)中手指節関節又は近位指節間関節の間隔が1/2以下に制限されるもの
(3)親指について、橈側外転又は掌側外転のいずれかの間隔が1/2以下に制限されるもの
(4)手指の末節の指腹部及び側部の深部感覚及び表在感覚完全に脱失したもの
 
【予想される後遺障害等級一覧】
等級 内容
4級 両手の手指の全部の障害
7級 1手の手指5本の障害
7級 1手の手指の親指を含む4本の手指の障害
8級 1手の親指を含む3本の手指の障害
8級 1手の親指以外の4本の手指の障害
9級 1手の親指を含む2本の手指の障害
9級 1手の親指以外の3本の手指の障害
10級 1手の親指の障害
10級 1手の親指以外の2本の手指の障害
12級 1手の人差指、中指又は薬指の障害
13級 1手の小指の障害
14級 1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができないもの
 
作業中の事故の場合には、会社側が事故の責任を否定し、賠償金を払おうとしてこないケースもあります。しかし、状況によりますが、多くのケースで会社側の過失(安全配慮義務違反が)認められ、損害賠償を獲得できることが多いです。
適切な補償を受けるためにも、まずは専門家にご相談されることをお勧めします。

 

広島の弁護士による労働災害の無料相談 ご相談予約専用ダイヤル0120-7834-09 予約受付時間   平日9時~19時   土曜日10時~17時

労働災害のご相談の流れ

1)面談の予約

まずはお電話にて、ご相談日時をご予約ください。
予約受付時間は平日9~19時、土曜日10~17時です。

2)弁護士との面談

事務所に来所いただき、弁護士がお話をお伺いします。また、実際に依頼した場合の解決方針についてご説明します。

3)示談交渉または訴訟

当事務所との間で委任契約を結んでいただいた場合、弁護士が依頼者に代わって交渉します。

4)解決

適正な賠償金を受け取り、交通事故問題から解放され、治療に専念することができます。