弁護士費用

労災に関する法律相談

・個人の相談  無料
・事業者の相談 30分5,000円(消費税別)


※他事務所の弁護士にご依頼中の案件のご相談(セカンドオピニオン)は、30分5,000円(税別)です。
※代表/山下江に相談をご希望される場合は、1時間3万円(消費税別)で受け付けております。

 

弁護士費用表(消費税別)


着手金・報酬金は以下の「弁護士費用表」記載の「経済的利益の額」を基準にした割合により決まります。
 
なお、
*着手金とは、ご依頼の着手の際に支払っていただく弁護士報酬です。着手金は、交渉から訴訟に移行するときは若干の増額が発生します。また、訴訟の場合、審級ごと(地裁、高裁、最高裁など)に発生しますが、おおむね前審の半額となります。

*報酬金とは、ご依頼案件の成果(賠償金額など)に応じて支払っていただく弁護士報酬で、最終的に1回発生します。

*表中の「経済的利益」とは原則として,依頼者が被った損害額を指します。
 
*着手金については、被災者救済の観点から、分割支払いや後払い(損害賠償金の回収時に報酬金と一緒に支払う)のご相談に応じています。

経済的利益の額 着手金 報酬金
~300万円 8%(最低200,000円) 16%
300万円~ 5%+90,000円 10%+180,000円
*事案の難易度などご依頼内容の状況によっては料金が異なる場合もあります。詳しくはご相談時に弁護士が詳しくご説明します。
*裁判の場合の印紙代や調査費用などの実費が別途発生する場合があります。
 
広島市以外に出向く場合については、日当・交通費が発生します(消費税別)。
エリア 日当(交通費込み)
呉・東広島・可部・大竹 30,000円
三次・岩国・三原・竹原 50,000円
尾道・福山・府中・庄原・浜田 60,000円
※ 東京・大阪は日当70,000円+交通費
※ その他の地域についてその都度相談
 
                                                        
【複数弁護士担当制料金】
 
ご希望であれば複数弁護士担当をとらせていただきます。
 
依頼者様のご要望により弁護士2名での担当となる場合は、弁護士報酬金が通常料金(弁護士1名担当の場合)の1.5倍となります。なお、代表山下江が加わって弁護士2名の担当となる場合は、通常料金の2倍となります。
 
注):
①複数弁護士担当制とは、原則として依頼者様との打ち合わせ、裁判出廷などについて複数弁護士にて対応する制度です。ただし、緊急を要することで複数弁護士が揃わない場合は弁護士1名にて対応する場合もあります。
 
②対象は、通常の着手金の金額が40万円(消費税別)以上の事案です。
(着手金0円の交通事故事案については、別途ご相談させてください。)
 
③弁護士3名以上での担当をご要望の場合の料金については、別途ご相談させてください。
 
④この制度は依頼者様からのご要望に基づいて複数弁護士担当とするものであり、当事務所の事情により複数弁護士担当制とする場合は除きます。
 
 

 

広島の弁護士による労働災害の無料相談 ご相談予約専用ダイヤル0120-7834-09 予約受付時間   平日9時~19時   土曜日10時~17時

労働災害のご相談の流れ

1)面談の予約

まずはお電話にて、ご相談日時をご予約ください。
予約受付時間は平日9~19時、土曜日10~17時です。

2)弁護士との面談

事務所に来所いただき、弁護士がお話をお伺いします。また、実際に依頼した場合の解決方針についてご説明します。

3)示談交渉または訴訟

当事務所との間で委任契約を結んでいただいた場合、弁護士が依頼者に代わって交渉します。

4)解決

適正な賠償金を受け取り、交通事故問題から解放され、治療に専念することができます。